名称未設定-1

 

 

第42回 不動産ローン(アパートローン)って、どういうものなの?(4)

 

 

不動産ローン(アパートローン)って、どういうものなの? というテーマでお届けしています。
今回は4回目、今クールの最終回になります。

それでは始めましょう。

 

 

 

・注意したい元利均等返済と元金均等返済

返済方法には「元利均等返済」と「元金均等返済」の 2 種類あります。
2種類ともよく似た言葉ですが、この違いはどこにあるのでしょうか?

1つ目の「元利均等返済」とは、「毎月支払う元金と利息の合計額(毎月支払い分)はずっと均等(同じ)である」という意味です。

では、2つ目の元金均等返済とは、「毎月支払う返済額のうち、元金部分はずっと均等(同じ)である」という意味です。

下図で両者のイメージと同じ条件で借りた場合を試算してみました。

VISUAL_1

 

特徴としては、元利均等返済は、返済初期は利息の占める割合が大きいですが、時間が経過するにつれ、利息の割合は減少していきます。

ただし、金利が低ければ低いほど、返済初期に占める利息の割合は少なくなっていきま す(=元金の割合は大きくなっていきます)から、効果的に返済できると言うことです。

また、元金均等返済は、返済初期は、毎月の返済額が大きいですが、時間が経過するにつれ毎月の返済額が減少していきます。元金=元本部分が最初から最後まで均一に減っていきますから、効果的に返済するという意味では良い返し方です。

VISUAL_42

ですから返済総額で見た場合、元利均等返済より元金均等返済の方が少なくなります。

一般的には、返済額が変わらず、わかりやすい「元利均等返済」が主流ですが、こちら方が、優れているというわけでもありません。

自分にはどちらの返済方法がいいのかを判断された上で選んでください。 ただし、金融機関等によっては元金均等返済の実施は行っていませんのでご注意下さい。

 

 

次回に続く

掲載日時:2018年2月1日

 


佐藤 益弘 氏プロフィール

株式会社優益FPオフィス 代表取締役
・ファイナンシャルプランナー(CFP資格認定者)
・住宅ローンアドバイザー(財団法人住宅金融普及協会)
・法政大学 兼任講師
・気学士

東洋精糖(株)の不動産部門にてマンション開発・販売統括・管理支援などの主任を務める中、FP資格を取得。2000年8月より独立系FPとして独立。

㈱住まいと保険と資産管理、㈱ユナイテッドファイナンシャルプランナーズ、オフィス秀梨&コンサルティングネットワークス㈱  以上、3つのFP関連会社の設立に参画する。

現在、お客さまサイドに立ったシンの独立系実務家FPとして、そのネットワーク確立のため、マイアドバイザーを運営。

数少ない 金融商品販売を伴わない コンサルティング業務をメインとした 「お客様サイドのFP」「教科書通り のFP」として活動中。