名称未設定-1

 

 

第43回 ローン金利について

 

 

今回は、ローン金利について というテーマでお届けしています。

それでは始めましょう。

 

 

 

いくつかの金利のタイプがあることを確認しよう!

前回までのコラムで、「変動金利型」「全期間固定金利型」「固定金利選択型」の 3 種類の 金利のタイプが登場しました。

ここではその内容と金利水準はどのようにして決められているのかを見ていくことにし ます。

まずはじめに「変動金利型」から見ていくことにしましょう。 このタイプは文字通り金利が変動していくタイプです。

不動産投資では、この変動金利型が主流です。

金利は 6 ヶ月に 1 回の割合で市中の金利動向に応じて見直しますが、金利が変わったか らといってすぐに毎月の返済額は変わりません。毎月の返済額の見直しは、6 年目に入ると きに行いますが、金利が上昇している場合でも、毎月の返済額の増額はそれまでの返済額 の 25%以内に抑えるという規定になっています。

しかし、毎月返済額の増額以上に金利が上昇している場合、未払い利息が発生し、予定 の返済期間が終了した場合でも、元金が残ってしまう可能性もあります。

VISUAL_43-1

 

次に、「全期間固定金利型」について見ていきましょう。

こちらも文字通り、全期間に渡って金利が固定されているタイプですが、このタイプを 扱っていない金融機関もあります。

金利設定は、変動金利よりも若干高めに設定されていますが、金利が上昇した場合でも、 返済額は変わりませんので、一定以上、金利水準が上昇した場合には有利です。しかし、 逆に金利水準が低下した場合でも、金利は変わらず一定ですので不利になります。

ただし、全期間固定金利型は、今後の景気や金利の動向に関係なく、将来にわたって申 し込んだ時点での金利が適用されますので、返済計画が立てやすいといえます。

VISUAL_43-2

 

 

最後は「固定金利選択型」です。

このタイプは、契約後、一定期間(特約期間、2 年・3 年・5 年・10 年)は契約時点の金 利が適用されます。その後、一定期間終了時に、再度、2 年・3 年・5 年・10 年の間、一定

経過年数

期間終了時における金利で継続するか、変動金利に切替えるかを選択することができます。 ただし、一旦、変動金利に切替えた場合、固定金利を選択することはできません。

このタイプはほとんどの金融機関等で実施されていますが、金融機関によっては、若干 内容が違う場合がありますので(例.特約期間で 2 年はない)、各金融機関に直接お問い合 わせ下さい。

 

VISUAL_43-3

 

・金利はどのように決まるのか?

では、これらの金利は、どのように決まるのでしょうか?

これらローンに関する全ての金利は、何かの指標に連動するという特徴を持っています。 その指標の動きによりローンの金利が決定される仕組みになっています。変動金利は、基本的に短期金利に連動します。

短期金利とは 1 年未満の金利のことで、短期プライムレートに連動します。この聞き慣 れない言葉ですが、短期プライムレートとは、銀行が優良(=プライム)企業に短期(1 年 未満の期間)に貸出する場合の最優遇レートのことをいい、CD(譲渡性預金)3 ヶ月物のレ ートをベースに各金融機関の資金調達コストを反映させた市場連動型の金利です。固定金利は、基本的に長期金利に連動します。

長期金利とは 1 年以上の金利のことで、10 年物長期国債が日本における長期金利の指標 となっています。よって、10 年物長期国債の利回りの水準により長期金利の金利が決まり、 それに連動する形で固定金利の金利が決まる仕組みとなっています。

ここでは、簡単に説明しましたが、実際はもっと複雑な仕組みになっていますので、専 門書等でご確認下さい。いずれにしろ、常日頃、新聞やニュース等で金利の動向はチェックしておきたいものです。

 

 

今回は少し長かったですね。

次回に続く

掲載日時:2018年2月15日

 


佐藤 益弘 氏プロフィール

株式会社優益FPオフィス 代表取締役
・ファイナンシャルプランナー(CFP資格認定者)
・住宅ローンアドバイザー(財団法人住宅金融普及協会)
・法政大学 兼任講師
・気学士

東洋精糖(株)の不動産部門にてマンション開発・販売統括・管理支援などの主任を務める中、FP資格を取得。2000年8月より独立系FPとして独立。

㈱住まいと保険と資産管理、㈱ユナイテッドファイナンシャルプランナーズ、オフィス秀梨&コンサルティングネットワークス㈱  以上、3つのFP関連会社の設立に参画する。

現在、お客さまサイドに立ったシンの独立系実務家FPとして、そのネットワーク確立のため、マイアドバイザーを運営。

数少ない 金融商品販売を伴わない コンサルティング業務をメインとした 「お客様サイドのFP」「教科書通り のFP」として活動中。