Kobe Style

憧れの神戸三宮が生活のテリトリー。

 

◆神戸都心、三宮エリアが生活圏。
三宮という街が持つ多面的な魅力を、思うがままに享受できる
1駅2分、都心隣接ならではの交通至便な立地。
オン・オフ共にもはや車を必要としない軽快なアクセス環境で、
暮らしの可能性が広がります。

◆ますます進化する神戸・三宮周辺。
阪急電鉄は2016年4月、神戸三宮駅(神戸市)と一体の「神戸阪急ビル東館」を建て替える計画を発表しました。

商業施設、ホテル、オフィスなどが入った高さ約120mの高層ビルを、2021年に完成させる予定です。
地下3階地上29階建てで、延べ床面積は約28,500㎡。29階は展望室やレストラン、17~28階はホテル、
地下2階~地上3階は商業施設となります。
また、JR「三ノ宮」駅の再開発も予定されており、具体化すると高さ160m規模の高層ビルとなり、
低層階には商業施設・高層階にはホテルなどが入居。
駅前広場(約1万2000㎡)を含めた一体的な再開発で2021年度の完成を目指しています。
2015年には駅前で温泉も採掘され、その利用方法とともに再開発事業が、JR西日本と神戸市とで協議されています。

JR「三ノ宮」駅へ1駅2分、「大阪」駅へは26分のアクティブアクセス。